2014年3月20日木曜日

影牢 - ダークサイドプリンセス

一応クリアしたので締めとなる感想を。

まず、ゲームの基本部分は、これまで発売されたシリーズから変わっていないのですが、悪いところもそのまま。

×古くさい移動システム
ちょっとした段差も回り込む必要がある。初期の3Dゲームからなにも進化していない移動システム。

×ゲームに絡んでこない従者
従者が3人いるがバストアップの絵とセリフと課題だけ。従者?ただのシステムでしかない。ゲーム上存在理由がない。

×メリハリのないレベルデザイン
ほとんどのステージは開始時に敵が同じ部屋にポップする。敵に挟まれてることもしばしば。特異な攻撃方法しか持たないプレイヤーであるにも関わらず、スタート時点ではそれが生かせない状況を強要される。ストレスを感じるし飽きる。


×少ない敵の数
敵が最大で3体しか出てこない。トラップシステムの都合上、敵が多いとゲームが崩壊するのかもしれないが、PS3やVitaでこのグラフィックならもっと敵を出せたはず。派手な広範囲に作用するトラップで一網打尽にするなど爽快感を増大させる仕組みにした方が進化を感じさせたはず。古臭い。

×意味のないオートセーブ
PS3版はオートセーブのように見せかけてオートセーブになってない。チャプターごとにしかセーブできずチャプターが長すぎる。

×リトライがストレス
トラップの無効・耐性を持つ敵が多いが、トラップの装備変更がチャプター開始時にしかできない。
ステージが変わるとトラップを張りなおす必要があるのもストレス。死んでリトライする際にトラップを張り直すのもストレス。

○トラップコンボのしやすさ
基本トラップの起動を×ボタンに集約し、連続してトラップを起動できるようにしたのはプレイしやすくて良い。コンボするためのガイダンスも分かりやすい。回転ギミックの回転方向が分かりやすければもっとよかった。

×敵キャラクター嵌め殺し
状況によるが、ノックダウン効果のある飛び道具を持つ敵相手に何もできずに嵌め殺される。
そのような状況に陥らないことが大事かもしれないが、古臭い移動システムとアクション性の低さが容易にそのような状況に陥ることになっている。廊下で完全に無防備になってしまうのも腹立たしい。


2000~3000円程度で影牢HDとして売りに出すなら十分購入の価値があったゲームかもしれない。
フルプライスで新作ゲームとして出すには今の時勢では昔を懐かしむファンしか満足しないゲーム。
人生の時間は限られているし、資産は大事なのだからもっとほかのことに使うべきだと思います。




0 件のコメント:

コメントを投稿